西川 礼華  /   Ayaka  Nishikawa

 

画家  artist

 

自然を写生し

植物と触れ合う中で

この世界には人のものとは異なる言語や時間感覚のようなものが

存在していると感じます。

同時に根底に流れる感覚は同じだとも感じます。

その感覚や言語を可視化することが

​私にとっての描くという行為です。

自身で作る遺物的な作品 - 土に埋め花の痕跡を残した布 - 

その痕跡を解読するように記録し、

自然の写生と組み合わせ絵を構築しています。

2016  滋賀県次世代文化賞受賞

2017  第4回続・京都日本画新展(京都駅伊勢丹「えき」KYOTO)​

    次世代文化賞受賞者展

2018  第5回続・京都日本画新展(京都駅伊勢丹「えき」KYOTO)

      kanaria展(彦根)

2019  個展 element  (sumire Lab. 近江八幡)

    断片の誘惑(サンセイドウギャラリー 神戸三宮)

    めぐるのれん展(COREDO室町テラス 日本橋)

    個展 残香 (米原市青岸寺)

2020   第一回千住博日本画大賞展(銀座三越伊勢丹)

2021   現れる姿形(滋賀県八日市文化芸術会館)

    新鋭日本画4人展(京都駅地下街ポルタ内ギャラリー華)

2016     Next Generation Cultural Award in
          Shiga Prefecture
2017     The 4th Shoku Kyoto Nihonga
          Shin-ten Exhibition / Kyoto
          Next Generation Cultural Award
          Exhibition / Shiga
2018   The 5th Shoku Kyoto Nihonga
          Shin-ten Exhibition / Kobe
    
   kanaria Exhibition / Shiga
2019  Solo Exhibition "element"/ Shiga
   Group Exhibition” Fragments to lure” / Kobe
             Meguru Noren Exhibition Design Competition / Tokyo
             Solo Exhibition "fog" / Shiga
2020 Hiroshi Senju Nihonga Awards in 2021 / Tokyo
 
2021      "appearance" Exhibition of two artists / Shiga 
              Group   Exhibition "new idea" /  Kyoto